「宇宙一のカリスマカウンセラーになる」を聴いて、他人を想う感覚が増しました

2018年7月23日

このタイトルを聴こうと思ったのは、カウンセラーになりたかったからというより、カウンセラーのような優しい人に憧れていたからです。

このタイトルを聴く前までの私にとって、カウンセラーとは、優しい人、いい人、うんうん相槌を打って話を聴いてくれる人というイメージでした。

一方、当時の私はというと、競争的で、他人を蹴落として自らの価値を証明して得意がるタイプ。勝てば、自分の勝利のために他人を打ち負かした罪悪感、負ければ屈辱感と相手への恨みでいっぱいになる。もっと穏やかな方法で人間関係を作ってる人たちと比較して、自分のこのやり方ってどうなの?と疑問に思うことも多かったです。

このタイトルを聴いてみると、カウンセリングのやり方というより、カウンセラーとしてのマインドそのものに関する内容でした。

聴いていて徐々に思うようになってきたのは、カウンセラーとしての日常会話って何だろうかということです。

いつも良い人だったり、ニコニコしていたりしなくても良くて、他人の意見を否定することがあっても良いのではないかと。 前までは、カウンセラーとは、他人を否定したり傷つけたりしないイメージだったので、その捉え方が随分と変わりました。

また、以前に比べると、他人を想う気持ちから人と接することが出来ている感覚が増し、思ったことを素直に伝えているのに、むしろ他人と揉めることは激減しました。

カウンセラーという職業でなくても、単なる会話スキル以上に得るものがあったと感じています。

※クリスタルマインド・アドバイザー西澤が、クリスタルマインドに出会った当時にCDに取り組んだ際の体験談です。