「運がよくなる」を聴いて、ラクに順調にことが運ぶようになりました

2018年7月22日

私は、運がいい人やラッキーな人なんて、弱い人だと思っていました。なぜなら、これらは、自分の実力で結果を勝ち取れない人がすがるもので、これらを求めれば、自分に力がないと周りに言っているようなものだと思っていたからです。

学生時代の私には、テストで2択に絞った後では必ず正解を外すジンクスがありました。 正解が分からないのに運良く正解してしまえば、次また同じ問題に出会った時には運に恵まれず、間違えるかもしれない。だったら、今間違えて、過ちに気づいた方が良いと。

気づけば、自らの実力で勝ち取ったものしか欲しくない、と感じるようになっており、狭い人生になってしまっていたのでした。 休日まで、あの仕事をやらなきゃいけない、あの資格の勉強をしなきゃいけない、と心をすり減らし、ボロボロになりながら、ようやくお給料をもらう・・

そんな中でこのタイトルを聴いてみると、運の良さと何の関係があるの?と感じてしまう内容で、前半部分に腹わたが煮えくりかえる想いをしました。自分が勝ち上がるために、周りを打ち負かして生きてきた私にとっては、全く逆のことを勧める内容だったからです。

ですが、今では、表面的には何もしてないけど、楽チンがいいと思えるようになってきています。 たとえば最近は、会社では、もちろん仕事もしますが、クリスタルマインドを聴いて、時々居眠りをして、たまに友達とゲームをして、それほど疲れを感じないまま帰途につく。それでも、以前より収入も上がっています。

運やラッキーとは、言い換えれば、ラクに順調にことが運ぶ感じです。何か選ぶときに、以前のように一生懸命考えて選ばなくても、思いついた選択肢を選ぶと、それでスムーズに、軽〜く上手くいくという感じになりました。

※クリスタルマインド・アドバイザー西澤が、クリスタルマインドに出会った当時にCDに取り組んだ際の体験談です。