「親子の絆を取り戻す」を聴いて、母との関係がラクになりました


親を思い浮かべても、ネガティブな感情が出てこなくなった。

このタイトルを聴こうと思ったのは、両親との関係が、自分の他の人間関係のパターン全てを決定付けると、音羽さんから教えて頂いたことがあったからです。

初めて聴いた時は、そうそう!と思いながら、とてもイライラしました。親からされてきたと、ずっと私が感じて来たことが、そのまま誘導音声になっていたからです。

親の言うことを聞かないと、家から追い出されたり、ご飯抜きだったり、反省文を書かされたり・・・。聴き始めて最初は「ほら?僕が正しかったでしょ?」と感じ、親に聴かせて改心させてやりたい!と強く駆り立てられたりしました。お前のせいで、小さい頃あんなに苦しかったんだ!って…。

ですが、このタイトルを聴きこんでいく内に、親に対する苛立ちや不満は1つずつ溶けていき、親の顔を思い浮かべても、ネガティブな感情がほとんど出てこなくなりました。また、何かを決めるときに親の顔がよぎることもあまりなくなり、聴いているうちに、親と別居しても良いと思えるようになりました。その点、このタイトルを聴きこんだ今の私が目指している親との関係性は、一般的な意味での円満な親子関係とは少し違うかもしれません。

ですが、こうして親との関係性が変わるにつれて、会社や友人、恋人との関係もことごとく良くなっていき、本当に深みのあるタイトルだとつくづく感じます。

※ちなみに、このタイトルは、自分の親との関係だけでなく、自分の子との関係も改善していける内容になっています。

※この体験談は、クリスタルマインド・アドバイザー西澤が、クリスタルマインドのCDに出会った当時に取り組んだ際の体験談です。

タグ: